住宅ローンは家計全体で考えよう

多くの方の人生の中で最も金額が大きく、そして最も緊張しながら購入することになるのが住宅です。
その住宅を購入するにあたって、通常住宅ローンを組んでいくことになると思いますが、その住宅ローンは、毎月の収入の中から長い期間をかけてゆっくりと返済していくことになります。
ですので、住宅ローンを「住宅ローンだけ」で見ないようにしましょう。
では、どうするのか?
それは、現在から将来にわたって、毎月の収支状況全体から見ていくようにしていきましょう。
そうすると、見えなかったものが見えてきたりします。

住宅ローンで人生を終えないで!

住宅ローンを組んで、そこからの人生が住宅ローン返済のためになってしまう家庭も多数あります。
「住宅ローンがあるから●●を諦めよう」
「住宅ローンがあるから●●をしないといけない」
という感じで。
そうならないために、事前にシミュレーションをしましょう。

ポジショントークに気をつけて!

住宅ローンを使って住宅を購入する場合、多くの業者(人)がからんできます。
●不動産販売会社
●金融機関
●工事関連業者
●住宅展示場にいるFP資格保有者
●住宅展示場にいる生命保険募集人
等々
多くの業者が収益の機会を得ることになるのが住宅販売です。
従って、あなたが「住宅物件を購入する」「住宅物件を購入することができる」ということが前提になるポジショントークが炸裂していくことになります。
 
ここで重要なポイントは、あなたが接することになる「人」です。
①ローンを組んで購入することができるという「今」の時点の話
②ローンを支払い続けていくことができるかどうかという「将来」までを考えた話

は異なるということです。
①と②、どれを重視しますか?
どのような「人」をあなたの傍に置きたいですか?
 
同じように、繰り上げ返済をすることによって、どれだけ返済額が減少し、それが家計全体でどのような効果をだすことになるのかは家計全体で考えていかないとわかりません。
その資金を準備していくために今後の家計収支はいかがですか?
繰り上げ返済するために、「どのように資金を準備していくか」「教育費とのバランスはどうか」「老後資金の準備とのバランスはどうか」などを一緒に考えていきましょう。
 
住宅ローンの金利設定を固定にするのか変動にするのかもシミュレーションが大切です。こちら
 
2016y03m03d_161927297
 

返済比率を考えよう

年収に対する住宅ローンの返済比率は「●%」ほどという話があります。
この中には、「固定資産税」「共益費や修繕積立金」等を入れることを忘れないようしましょう。
つまり、【住宅関連費】として返済比率を考えていってください。
そうすると、住宅関連費用が年収の25%や30%となると「きつく」(住宅ローン、生活)なることをイメージしやすくなると思います。
 
ご承知の通り、住宅ローンは多くの人の人生において、働く期間の大半をかけ、かつ大半の資金を投じていくものになります。
また、住宅を購入しようと考えるときというのは、順調に年収がアップしていたり、仕事で脂がのっているとき、子供が生まれたときなど、とかく”元気”な状態であることが想定されます。
そんなときこそ、客観的に長期の住宅ローンを「誰のために」「なんのために」組むのかを冷静に検討してください。

日本の住宅ローンはリコースローン

日本の住宅ローンは、借り手が返済できなくなった場合、住宅を差し押さえられ、かつ返済も継続しなければなりません。(保証人含め)
つまり、住宅物件を手放してもローンからは逃げられないってことです。
ですので、あらかじめ金融機関は返済能力を審査していきます。
 
このことは、『日本人が資産形成をしていくためにすべきもの』でも述べていますが、日米の住宅ローンの仕組みの違いで「リコースローン」「ノンリコースローン」の差があります。したがって、日本は住宅関連支出によって、リスク性資産への投資選択が抑制されている可能性があります。

日本人は、住宅ローンを組むことで「リスク性資産」への投資をしていると認識をしましょう。
そして、それらを考慮しないセルサイドには気を付けましょう。

最大のリスクは

最大のリスクは、なんといっても「返済不能」です。
返済の期間を短縮して設定すれば、月々の返済額は増えてしまいます。
現在は返済可能な額であっても、勤務先・仕事のスタイルが変わり年収が減るかもしれません。
病気やケガで働けなくなるかもしれません。
くれぐれも返済計画はライフプラン全体から考えていきましょう。
 
ライフプラン表・キャッシュフロー表作成はこちら
 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ