寡婦年金について

遺族基礎年金も遺族厚生年金も支給されない場合、10年以上婚姻関係のあった妻に対して60歳から65歳までの5年間、寡婦年金が支給されます。

※保険料を納めた期間(免除期間を含む)が10年以上必要。
※再婚していた場合は支給されません。
※金額は、夫が受け取ったであろう老齢基礎年金の3/4
※妻自身の年金を繰上受給していた場合、支給されません。

寡婦年金と死亡一時金の両方の要件を満たしている場合、どちらか一方を選択します。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ