日本における貧困層について

現在の日本において、貧困層とは

高齢者女性
シングルマザー
定職に就かない若年層

 
厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査の概況」(大規模調査)によると、平成27年(2015年)の相対的貧困率は「15.7%」で、貧困線(等価可処分所得の中央値の半分÷2)は「122万円」でした。

この貧困リスクが高い層は、一人暮らしの高齢者女性となっており、特に「未婚」「離婚」により一人暮らしとなっている層です。

金融商品の前に、マネープランの前に、ライフプランニングあり

かなり以前から、女性の皆さん向けのマネーセミナーがよく開催されています。

金融商品の前に
マネープランニングがあり、
マネープランニングの前に
ライフプランニングがあります。

不安を煽られる前に、ご自身のキャッシュフローを確認していきましょう。

【関連セミナー】
自分だけのシングルライフプラン

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ