相続時精算課税制度

生前贈与について、60歳以上の父母(贈与者)から子や孫(受贈者)の選択により、贈与時に贈与財産に対する軽減された贈与税を支払い、その後の贈与者の相続時にその贈与財産と相続財産とを合計した価額をもとに計算した相続税額から、すでに支払った贈与税額を控除することにより贈与税、相続税を通じた納税ができるというものです。

節税効果について

(贈与額-2,500万円)×20%(一定の率)

 
2,500万円までは贈与税がかかりません。一見、とても節税効果があるように思えてしまいますが、それほどでもないかもしれません。
贈与者からの相続時には贈与財産が相続財産に合算されます。
したがって、原則、税負担額は変わりません。

相続時精算課税を選択した場合、暦年贈与で使う基礎控除部分(110万円)を使うことができなくなります。

一般的には、全財産が相続税の基礎控除額以下の人の場合は相続時精算課税を選択し、それ以上の人は選択しないほうが良いかと思います。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ