介護保険制度の施設について

公的介護保険では在宅介護が重視されていますが、要介護1以上であり、自宅での介護が困難であれば、施設に入所して提供されるサービスを利用することができます。
施設サービスには大きく分けて次の4種類があります。

介護老人福祉施設(「特養」特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設(「老健」リハビリ重視施設)
介護療養型医療施設(医療が受けられる施設)
介護医療院(長期療養が必要な要介護者)

 
要介護1~5の方が利用できます。
民間の施設と比較して費用が安いので、多くの方が順番待ちをしています。
「特養」は、平成27年4月から原則として要介護3以上の方のみが入所できることとなりましたが、やむを得ない事由がある場合は入所できます。
 
やむを得ない事由とは
①認知症 ①知的障害・精神障害等 ②虐待 ④家族による支援が期待できず、地域でもサービスが不十分な場合
 

2016y06m25d_165756007
2016y06m25d_171233425

(出典)厚生労働省HP平成27年度介護報酬改定に向けて

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ