サービス付き高齢者向け住宅について

厚生労働省「消費者向けガイドブック
国土交通省「サービス付き高齢者向け住宅の現状と課題

サービス付き高齢者向け住宅

高齢者が安心して暮らしていけるためにふさわしいハード面と福祉サービス(少なくともヘルパー2級以上の資格者等による安否確認・生活相談サービス)を提供することのできる住宅として、高齢者住まい法の基準を満たす賃貸住宅をいいます。
厚生労働省と国土交通省の共同所管です。

対象者

単身高齢者または高齢者と同居者
60歳以上の者、または要介護・要支援認定を受けている者
同居者は、配偶者、60歳以上の親類等

施設と定員数


(出典)国土交通省「サービス付き高齢者向け住宅の現状と課題

サービス付き高齢者向け住宅の入居費用


(出典)国土交通省「サービス付き高齢者向け住宅の現状と課題

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ