日経平均株価とTOPIXについて

投資信託で使わる言葉に「インデックスファンド」があります。
このインデックスファンドとは、株式などの指数に連動することを目的にした投資信託のことです。
日本国内の株式インデックスファンドというと、日経平均株価(日経225)やTOPIXを指数としているものです。

日経平均株価とは

日本経済新聞社が発表している株価指数です。その対象銘柄は、東証一部上場銘柄の255銘柄です。
1949年5月16日の単純平均株価176円21銭から算出され、対象株価合計を225で除した平均株価をベースにしています。
株価が高い銘柄のウェイトが高くなる平均型です。
 
NYダウは、株価平均型です。

TOPIXとは

東証一部に上場するすべての国内株式(2,165銘柄対象)を対象としており、1968年1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額が指数化されています。
実際に市場に流通している浮動株の株式時価総額加重で算出されています。
時価総額加重型は、ある過去の一定時点と比較して、計算時点の時価総額がどれくらい増減したかを表しています。
 
指数=時価総額の合計÷ある一定時点の時価総額
 
S&P500やナスダックは、時価総額加重型です。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ