平均リターンを下回るのは50%という事実

マネー(投資)系セミナーに参加されたことがある人は「リターンが5%」云々とか聞かれたことがあると思います。
この場合のリターンとは、過去からの算術平均が用いられています。
であるならば、

平均5%のその意味するところは、皆が平均を上回ることはできず、半数は平均を下回る

 
ということになります。
説明する側はそれをきちんと伝えないといけないと思います。
今の金融業界は、リターン5%というと

それをすると、皆が平均5%のリターンになる

 
という都合の良い解釈をして投資初心者へアプローチをしています。
何度も言っていますが、リスク(σ)ゼロの世界観での説明になっています。
 
昨今、顧客本位だとか、コンプラとか言われていますが、本来の「知識」において、間違ったことや不適切なことが喧伝されているのではないでしょうか。
とても違和感があります。
 
【関連記事】
皆が平均を上回ることは不可能
平均値(≒期待値)は多数派にとっては無意味

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ