不確実性の長期積立投資を考える際に知るべきリターンの発生確率

投資初心者に対して安易にリスクをとらせようとする金融業界の積立投資に関する説明。
よくあるのが「リターン5%」を使った説明。
異常なことですが、そこには「リスクなし」(預貯金と同じイメージ)での複利シミュレーションが使われ、あたかも誰もがいつでもリターン5%の投資成果が得られるかのような説明がされています。され続けられています。

本当にそうなるのでしょうか?
そのような説明は正しいのでしょうか?

以下、リスクあるものにはリターン分布の存在がありますので、それをシミュレーションしてみました。
リスクは20%です。
見えるものが違ってくると思います。

1万回のモンテカルロシミュレーションで、最も発生確率が高いのは「投資元本の水準」です。
期待リターン通りの水準になる確率は7%です。
一方、期待リターン以上になる確率は35%ほどあります。
ちなみに、投資元本1千800万円が3億9千万円になる可能性もあり、確率としては0.01%です。

投資に絶対はありません。
そのように法令でも規制されています。
投資初心者に対して投資をすすめるのであれば、行政をはじめ金融業界は今回のシミュレーションぐらいは、示すべきではないかと思います。

投資初心者であるお客様(個人投資家)のことを考えるのであれば、

販売手数料を考慮した場合のリターン
信託報酬を考慮した場合のリターン
税金を考慮した場合のリターン
投資期間中の個人のメンタル面
各個人のライフプラン・キャッシュフローとの兼ね合い

 
それぞれのことをきちんと伝えていくべきですが、それがない状態です。

あやしいビジネスと紙一重なのか?

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ