資産形成・資産運用相談

日本人が資産形成をしていくためにすべき順番

有料相談会の日程・お申込みはこちら

弊社の資産形成・資産運用に対する考え

「投資ですべてが解決する」かのような風潮があります。
そのようなことがあるわけがありません。
というよりも、不確実な投資にまつわる話はそもそもが「机上の空論」です。
また
「投資で資産をふやそう」という話で「無料」で得られる情報で有益なものはあまりありません。
世の中で一般個人が巨額な資産を詐欺で失っていることはニュース等でご存知のことと思います。
それらに共通しているのは
無料や欲という「人の心理」をうまく狙ったものだと言われています。

 
お金は いくらあればいいのでしょうか。
お金は 人によって扱う金額は違います。
お金は ありすぎてもなさすぎても困ります。

実は、お金には自分サイズというものがあります。
自分サイズとは、「価値観」「人生観」で測ります。

よくある情報の中に、金融の基礎知識・マネーリテラシーを身につけましょうというものがあります。
例えば「72の法則」「単利・複利」「分散投資」「ドル・コスト平均法」「インフレ・デフレ」このような金融業界の資産運用に関する一般的な基礎知識を身につける内容です。
このような知識はいつでも習得できます。
しかしながら、大切なことは”自分サイズ”を知ることであり”センス”を身につけることです。
現在のような情報が氾濫する社会では、お金を自分サイズに合わせるセンスが大切になります。
センスとは、様々な金融商品を見ていく選択眼やそれが自分に合っているかどうかを判断していく力などをいいます。

最近よくある光景のひとつに、銀行の「預貯金の否定」話があります。
「72の法則」の話をして、
“預金していても元本が2倍になるのは何千年後です。ハハハ(笑)”
といったものです。
これって、いまあるお金を2倍にすることが目的になっているかのような話です。
いつまでにお金を2倍にしなければならないということはありませんよね。
自分の人生において、お金を使うことで何かを得ていくことが楽しみになり、目的になると思います。

つまり、お金は”手段”であり”目的”ではありません。
お金を”目的”にしてしまうと、センスが磨かれませんし、詐欺にもあいやすくなってしまのではないでしょうか。
そして、銀行は金融機関です。
ということは、銀行の預貯金は”投資”でもあり”運用”でもあるといえます。
本来、預貯金への投資・運用だけで十分ライフプランが実現できる方々もいらっしゃいます。
皆が皆、「株だ」「投資信託だ」「金だ」「FXだ」「外貨だ」などといった商品に大切なお金を投資する必要はありません。

それを知れば、”手段”として銀行という金融機関を利用するということが問題ないということに気づけます。
それを知っていただくことができるかどうかは、FPとライフプランを作成することです。

インフレ不安は投資をする理由にならない

また、

インフレで貨幣価値が目減りするから投資をしないと追いつけないですよ

 
と、”貯蓄から投資へ”という標語が掲げられた頃から金融業界から宣伝されている言葉があります。
これについては弊社ではこう考えています。
こちら

あなたの計画のイメージは?

あなたは締め切りがあるものに対して計画していく場合、「現在」から「締め切り時間」をイメージしていくタイプですか?
それとも「締め切り時間」から逆算していくタイプですか?

マラソンを走る時「ゴールが42.195キロ先にある」とわかって走るのと、「ゴールが10キロ先なのか、100キロ先なのか」わからず走るのとでは、どちらが走りやすいですか?
前者のほうが走りやすいという方が多いのではないでしょうか。
つまり、ゴールを知って、そこから逆算し適切なペース配分を行うことが必要かつ重要になってきます。

人生設計においても同じです。
とくに「老後に対する計画」は、「今」というよりは、今後やってくる様々なライフイベントによって作られていきます。
それを逆算していきながらプランニングしていくことが大切です。

就職や転職、起業、結婚、住宅購入、車の購入、出産、子育て、教育、子供の結婚など、将来様々なイベントがあります。
同時に、そのイベントはあなたの選択でいくらでも変化していきます。
その変化にともなって必要になってくるものが「お金」です。
この「お金」のことを考えるのが、ファイナンシャルプランニングです。

あなたは定期的に理髪店・美容院に行かれますか?
「あなたの将来のお金」に関することは、それと比較して優先順位が低いですか?
低い方は、この先をお読みいただく必要はありません。

私たちが行っていく資産形成には、3つのエンジンに火をつけることと5つの見直しが必要です。
1つ目のエンジン・・・お金を稼ぐエンジン<br /> 2つ目のエンジン・・・お金をためるエンジン<br /> 3つ目のエンジン・・・ お金をふやすエンジン

1つ目のエンジンは、あなたのお仕事等による収入確保です。
なによりもこのエンジンに火をつけていくことをお忘れなく。
2つ目のエンジンは、その収入から将来のために貯蓄することを忘れないエンジンです。
3つ目のエンジンは、貯めるだけではなく、増やしていくエンジンです。

身の丈に合った支出の生活<br /> 預貯金口座の比率改善<br /> 保険の見直し<br /> 住宅ローンの見直し<br /> タックスプランニング

FPコンサルオフィスがご提案させていただきます資産形成および資産運用は、長期運用並びにライフプランを前提としておりますので、短期売買等をお考えの方はこの下をお読みいただく必要はありません。

複利の効果<br /> 世界への分散投資<br /> 長期運用<br /> 時間分散<br /> アセット・アロケーション<br /> インフレの影響<br /> 税金の影響<br /> 各種リスクとの上手な付き合い方<br /> 専門家の活用<br /> あなたのライフプラン

●資産形成コース<br /> Aコース・・・月額 1万円~<br /> Bコース・・・月額 2万円~<br /> Cコース・・・月額 3万円~<br /> Dコース・・・月額 4万円~<br /> Eコース・・・月額 5万円~<br /> Fコース・・・月額10万円~<br /> ●資産運用コース<br /> Aコース・・・ 100万円~<br /> Bコース・・・ 300万円~<br /> Cコース・・・ 500万円~<br /> Dコース・・・1000万円~<br /> Eコース・・・2000万円~

それぞれの方にあった”考え方”をご提案いたします。
(※提案書を作成するというものではありません)
そして、リスク性商品を使っていく場合、効率的フロンティア(有効フロンティア)についてご理解をしていただきたいのでご説明をいたします。
「効率的フロンティア・有効フロンティア」とは、同じリスクで期待リターンが最大化(同じリターンで想定リスクが最小化)するような資産配分の組み合わせをいいます。
効率的なポートフォリオの集まりです。


この曲線のうち、最もリスクが小さい点(左の下)から上の部分、つまり、曲線になっている部分が有効フロンティアです。
組み合わせにより出た資産配分を決定(※1)します。
(※1)決定をされるのはお客様自身
それぞれの資産に合う商品(ファンドや保険等)を選択(※2)していきます。
(※2)選択されるのはお客様自身

積立投資は楽観ではいけない

マネーセミナーや書籍、ネット上でドル・コスト平均法が資産形成をしていく上で欠かせない投資方法だと吹聴されています。
情報はふたつの側面から見ていかなければなりません。
「売り手側」と「買い手側」です。
投資の話は、間違いなく「売り手側」の側面からしか語られていません。
正しいとは言えない情報や机上の空論で楽観していると、一度きりしかない人生において、あなたが計画している資金計画がうまくいかなくなることも・・・。

 
弊社では、独自の検証シミュレーションにより、積立投資の戦略を一緒にたてさせていただいております。

あなたを儲けさせる?あなたから儲ける?

ご相談の中で、ご相談者の保有投資信託は「最近設定(新発売)された」「償還が近い」「販売手数料と信託報酬が他と比較してかなり高い」ものが多く見受けられます。
複数の投資信託を購入されている場合、資産配分などが考えられていない商品構成になっていたりします。
つまり、よく言われてる「分散」などは考慮されておらず、ただただ「投資」しているという状況ではないでしょうか。
 
ラップ口座?
年間いくらの手数料を支払う仕組みかご存知でしょうか?
まずはそこを確認してみましょう。
 
仕組債。
高金利通貨商品で、内容もわからないままに購入されている方が多く見受けられます。
世の中にうまい話はありません。
 
あなたはどのようにして今の金融資産を築かれましたか?
①過去からの投資の結果ですか?
②固定金利商品ですか?
③相続・贈与ですか?
④仕事・退職金ですか?
①の方以外の方は、気をつけてください。
まずは勉強からです。
あなたの味方になってくれるプロを探すことです。

 
FPコンサルオフィスでは、独立系FPとしての英知と経験を駆使し、あなたのファイナンシャルプランニングのゴール設定のお手伝いをいたします。

はじめて弊社のDC・資産形成相談(各90分10,800円)をお受けいただく場合、「銘柄はなにがいい?」「なにに投資をすればいい?」というものではなく、(注1)

積立投資で知られていないリスク、広められている情報の間違い、全体像の仕組みを知ってもらう

ということを重視しています。

それらを知らずしては、将来後悔される可能性が高くなるからです。

 
(注1)
弊社は銘柄助言などは一切行っておりません。

数百・数千万円~億円以上の資産運用をされている場合、

銘柄分析をしてみましょう。

そしてライフプランと照らし合わせましょう。

 

リスクある投資で無料相談?笑われます

あなたの金融資産はどのように築かれましたか?
毎月積み立ての原資は?
まとまった資金の原資は?
多くの場合、日々仕事で頑張って得られた収入からではないでしょうか?
あなたが仕事をするために得た知識や技術・情報は”無料”でしたか?
あなたの仕事の商品やサービスを無料で提供できますか?
無料で提供したらあなたの収入はありますか?
あなたのお勤め先は成り立っていきますか?
 
そのように考えてみてください。
あなたが金融業界に対して期待(?)していることを思ってみてください。
・情報が欲しい
・キレイなパンフレットが欲しい
・キレイなホテルや施設でセミナーをして欲しい
「お金をふやしたい」と思われて「無料」で得られる知識や情報って役に立つと思いますか?
 
あなたが逆の立場でこう考えてみてはいかがでしょうか。

本当にタダでうまい話を聞けると思っているのかな?
 
私たちも一生懸命仕事をしているのに。
 
そもそもうまい話なんてないのに。

 
そもそもリスクある金融商品を「無料」でアドバイスする”金融のプロ”はいません。
リスクある金融商品のアドバイスは、アドバイスする側にとって、それはとてもプレッシャーと責任を負う行為になりますし、プロもまた日々自己研鑽(相当な費用や時間を使っている)を行っているからです。
それを無料で聞くことが目的のお客様に、真剣にアドバイスしようなんて思わないものです。
実はお客様も選ばれています。
それが金融業界です。
いえ、それが資本主義社会です。

資産形成・資産運用相談

【 日 時 】 資産形成・資産運用相談 随時受付中 先着順
【 場 所 】 新大阪オフィス
申込

資料作成オプション
個別相談にプラスサービスとなり、原則、単独での受注は行いません。事前にご依頼をいただき、データ等をメール等で送っていただきますと、ご面談時に解説いたします。ご遠方の方で資料作成のみをご依頼される場合は、「個別相談料金+資料作成料金」(資料送付料金込)となります。1.投資信託銘柄診断 一銘柄 2,000円(消費税別)第三者による客観的な視点は冷静な投資判断には不可欠なものです。

2.積立投資シミュレーションA  5,000円(消費税別)
*投資対象銘柄基準価額チャート、*平均買付単価チャート、*損益率
このようなシミュレーションを作成している販売業者やFPはいないのではないでしょうか。実は、積立投資において、このシミュレーションは必要不可欠なものです。

日経平均株価 積立投資をした場合のチャートと平均買付単価の推移

3.積立投資シミュレーションB 5,000円(消費税別)
*過去シミュレーション 投資累計額+時価評価額
*将来シミュレーション(ご要望3パターンまで)投資累計額+時価
不確実な投資の世界において、現状把握と将来イメージを持つことはとても役立つことになります。

日経平均株価 積立投資をした場合の時価評価額の推移

4.積立投資シミュレーションC 10,000円(消費税別)
ご要望の「リスク・リターン」より、幾通りのシミュレーションを行うことで、「期待リターンになる確率」「元本割れする確率」「最頻値」「ポートフォリオのリスク」等を作成。~準備中~


すべてのシミュレーションは、お客様と利益相反にならない立場の私たちが行うことにより、お客様にとってとても有益な情報になるものといえます。

2016y01m25d_092911738

免責事項
この免責事項は弊社に資産形成・資産運用・確定拠出年金相談をされるすべての方に適用されます。
なお、弊社に資産形成・資産運用・確定拠出年金相談されるすべての方は、この免責事項の内容を承諾したものとみなすことをあらかじめご了承ください。
弊社資産形成・資産運用相談は情報提供ならびに投資哲学、考え方提供を目的としており、投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。
日本FP協会のルールに則して行います。
ご相談者が、ご相談後に被ったいかなる損害についても弊社は一切の責任を負いません。

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ