国民年金「学生納付特例制度」について

制度と対象者

学生で本人の所得が一定額以下の場合に在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。
学生納付特例の対象となった期間は、老齢基礎年金を受けるための必要な期間に含まれますが、年金額には反映されません。
日本年金機構の申請書類はこちら

当制度は、猶予であり免除ではない

学生納付特例制度は国民年金保険料を免除するものではなく、猶予するものとなります。
従いまして、猶予を受けた分は追納しなければ将来の年金額は減ってしまいます。
追納(ついのう)は10年以内に行うことが必要です。

追納した国民年金保険料は社会保険料控除として扱われますので、所得税・住民税が軽減されます。

猶予制度によって猶予されている期間について

・障害年金の受給は可能です。
・年金受給のための「期間」に算入されます。
・年金額には反映しませんが、10年以内に保険料を納めれば年金額にも反映されます。(追納)

未納よりは圧倒的にメリットがあります。

学生納付特例制度を受けることができる基準

学生本人の所得が以下の範囲内を超えなければ申請可能です。

118万円 + 扶養親族等の数 × 38万円 + 社会保険料控除等

一般的に、扶養親族は「0人」、社会保険料も「0」になるかと思いますので、所得118万円が基準となります。

学生納付特例制度は、毎年申請が必要です。
学生納付特例制度の有効期間は、毎年4月分~翌年3月分までとなります。

【関連記事】
勤労学生控除について

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ