確定拠出年金(iDeCo)運用相談

確定拠出年金は老後の資産形成の武器
確定拠出年金相談は、FPコンサルオフィス。
 
FPコンサルオフィスでは「積立投資」の”本質”を語っていきます。

 
確定拠出型年金(401K)運用相談 日本人が資産形成をしていくためにすべき順番

現在、確定拠出年金セミナー開催中!!

現在、確定拠出年金【制度編】【投資運用編】セミナーを新大阪・弊社オフィスで開催いたします。
まず、このセミナーを受講され、個別相談をされることをおすすめいたします

「確定拠出年金の制度」を学ぶならこちら
「リスクと積立投資の本質」を学ぶならこちら
有料相談会の日程・お申込みはこちら

2016y01m25d_184523962

確定拠出年金の加入対象者と拠出限度額関係

2017年1月~
2016y12m02d_091816082
 
●企業型、加入対象者と拠出限度額
2016y12m02d_092207485
(※1)
企業型DCのみを実施する場合は、企業型DCへの事業主掛金の上限を年額42万円(月額3.5万円)とすることを規約で
定めた場合に限り、個人型DCへの加入を認める。
(※2)
企業型DCと確定給付型年金を実施する場合は、企業型DCへの事業主掛金の上限を年額18.6万円(月額1.55万円)と
することを規約で定めた場合、個人型DCへの加入を認める。
 
●個人型、加入対象者と拠出限度額
2016y12m02d_092142281

掛金の年単位拠出について

2018年1月から施行の「掛金拠出の年単位化」についてはこちら

確定年金制度の税制メリット

税制メリットまとめはこちら

あなたの確定拠出年金は企業型か?個人型か?

こちら

運用商品について

2018年5月法改正により、「運用商品本数の抑制・上限」と「商品除外規定の整備」がありました。
こちら

継続投資教育について

2018年5月法改正により、「配慮義務」から「努力義務」へと変更されました。
こちら

確定拠出年金のポータビリティ(持ち運び)

2017年1月~
2016y12m02d_094516230
△中退共に加入している企業が中小企業でなくなった場合に資産の移換を認めている。
△合併・会社分割等の場合に限り措置
DB・・・確定給付型年金
中退共・・・中小企業退職金共済

これから個人型確定拠出年金をはじめる方


これからイデコ(iDeCo)をはじめる方はこちらで注意事項を確認しておきましょう。

「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)

こちら

老後資金のためにリスクをとるなら確定拠出年金!!

老後は、いえ、人生は誰にとっても一度きりです。
制度と商品、仕組み等々をしっかりと知りましょう!

確定拠出年金制度で重要なのは?

こちら

他では知ることができない本質の知識と情報

企業内で行われる投資教育は、

下がっても口数たくさん買えるから心配いりません
長期になれば複利効果を得られます
分散投資です

 
などといったものばかりではないでしょうか?
そのような知識で投資がうまくいくのなら、わざわざ従業員自身が運用しなくても、そのような教育をする企業側や金融機関側がきちんと運用すればいいだけだと思いませんか?

下がっても口数たくさん買えるから心配いりません
長期になれば複利効果を得られます
分散投資です

 
これが正しい情報なら、
「公的年金がやってよ」
「銀行、証券会社、保険会社がやってよ」
「企業年金がやってよ」
とならないでしょうか?
現実はそうではありませんよね。
それは
正しい情報とはいえないからではないのでしょうか。

あなたはパズルをやる前、完成品を見なくてもつくれますか?
それと同じです。
あなたは積立投資の全体像(リスク等)を把握していなくて、投資が成功すると思いますか?
「10年の積立投資」
「20年の積立投資」
「30年の積立投資」
残念ですが、誰もが同じように成功するなんてことはありません。
投資の世界、そんなに甘いものではありません。

資産形成・資産運用のための投資哲学

弊社が考える投資哲学をお読みください。
こちら

確定拠出年金(DC:iDeCo)実際の相談について

確定拠出年金は、あなたの大切な老後資産形成の大きな柱とするべき制度です。
投資の考え方や銘柄選択(※1)などをあなたの運用報告書を確認しながら、あなたと一緒に取り組みさせていただきます。
(※1)銘柄選択をされるのはお客様自身のご判断です

積立投資の本質を知ることが重要ですので、そのことをお伝えできればと思っています。
様々なシミュレーションでリスク性資産の動きを知っていただきます。
資産配分や銘柄選択はお客様自身が行います。
※お客様のお考えやご相談内容や時間などによって違います。

はじめて弊社のDC・資産形成相談(各90分10,800円)をお受けいただく場合、

「銘柄はなにがいい?」「なにに投資をすればいい?」

というものではなく、

積立投資で知られていないリスク、広められている情報の間違い、全体像の仕組みを知ってもらう

ということを重視しています。

それらを知らずしては・・・きっと・・・。

 
※弊社は銘柄のアドバイスはしておりません。考え方等のアドバイスや戦略を一緒に考えております。
 
※弊社では、独自の検証シミュレーションにより、積立投資の戦略を一緒にたてさせていただいております。

確定拠出型年金(DC:iDeCo)運用相談

確定拠出型年金(DC)セミナーの内容詳細はこちら

【 日 時 】 随時受付中 先着順【 場 所 】 新大阪オフィス 申込

確定拠出型年金(DC)運用相談料金60分(面談1~2回)10,000円 

資料作成オプション
個別相談にプラスサービスとなり、原則、単独での受注は行いません。事前にご依頼をいただき、データ等をメール等で送っていただきますと、ご面談時に解説いたします。ご遠方の方で資料作成のみをご依頼される場合は、「個別相談料金+資料作成料金」(資料送付料金込)となります。1.投資信託銘柄診断 一銘柄 2,000円(消費税別)第三者による客観的な視点は冷静な投資判断には不可欠なものです。2.積立投資シミュレーションA  5,000円(消費税別)
*投資対象銘柄基準価額チャート、*平均買付単価チャート、*損益率
このようなシミュレーションを作成している販売業者やFPはいないのではないでしょうか。実は、積立投資において、このシミュレーションは必要不可欠なものです。日経平均株価 積立投資をした場合のチャートと平均買付単価の推移

3.積立投資シミュレーションB 5,000円(消費税別)
*過去シミュレーション 投資累計額+時価評価額
*将来シミュレーション(ご要望3パターンまで)投資累計額+時価
不確実な投資の世界において、現状把握と将来イメージを持つことはとても役立つことになります。

日経平均株価 積立投資をした場合の時価評価額の推移

4.積立投資シミュレーションC 10,000円(消費税別)
ご要望の「リスク・リターン」より、幾通りのシミュレーションを行うことで、「期待リターンになる確率」「元本割れする確率」「最頻値」「ポートフォリオのリスク」等を作成。~準備中~


すべてのシミュレーションは、お客様と利益相反にならない立場の私たちが行うことにより、お客様にとってとても有益な情報になるものといえます。

免責事項
この免責事項は弊社に資産形成・資産運用・確定拠出年金相談をされるすべての方に適用されます。
なお、弊社に資産形成・資産運用・確定拠出年金相談されるすべての方は、この免責事項の内容を承諾したものとみなすことをあらかじめご了承ください。
弊社資産形成・資産運用相談は情報提供ならびに投資哲学、考え方提供を目的としており、投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。
日本FP協会のルールに則して行います。
ご相談者が、ご相談後に被ったいかなる損害についても弊社は一切の責任を負いません。

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ