保険の考え方


私たちは様々なものにお金を使いながら生活をしています。 中でも、人生における“3大資金”と言われるものがあります。

「住宅資金」
「教育資金」
「老後資金」

 
です。
この3大資金は、人生を賭けて取り組んでいくべき大きなお金です。
そして、生命保険を考えるにあたっては、この3大資金にさらに

「生活資金」

 
を足した“4大資金”を考えていくことになります。実は、意外と「生活資金」のことをイメージされない方がいらっしゃるというのが多くのご相談を受けている中での印象です。

生活をしていくための収入がなくならないように準備しておくものが生命保険です。
もしものときに、“経済的”に困るのはどなたで、またどのようなものでしょうか。
これを考えていく生命保険は、人生を考えることと同じです。
人生設計とは、現在も将来も安心して暮らしていけるように工夫していくことだと言えます。
その一つが、「生命保険のプランニング」です。

人生を賭けて取り組むべき資金 人生の3代資金 住宅資金 教育資金 老後資金

 

人生設計を考える上で<br /> 明日から仕事がなくなったらどうされますか? 明日から収入が途切れたらどうされますか?

 

人生を賭けて取り組むべき資金 人生の4代資金 住宅資金 教育資金 老後資金 生活資金

 

生命保険を考えるにあたって<br /> もしも明日から安定した収入が途切れることになったらどうされますか?

 
生活していく上で必要なことを「想像」しながら「イメージ」しながら考えていくことが生命保険のプランニングです。
それは、個人個人、各家庭で全く違います。

万一のため
将来のため
現在のため

 
これらを一緒に考えていくことができるのが生命保険です。
生命保険は「お金」です。
皆さんが日々働いている理由の大部分は「お金」だと思います。
お仕事と同じようにウェイトが高いのが「生命保険のプランニング」です。
そのような位置づけで考えてみてはいかがでしょうか?

 

保険の考え方について

保険の考え方

遺族年金について

遺族年金

医療保険について

医療保険

がん保険について

がん保険

保障プランの全体イメージについて

全体のイメージ

公的介護保険制度について

公的介護保険制度について

障害年金について

障害年金について
 
2016y10m28d_064912795

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ