保障プランの全体イメージ

全体のイメージをつかみましょう

必要保障額から考えた保障の形(イメージ)を見ていきましょう。
必要な保障「生活費」「教育費」「お葬儀費用」「住宅関連費」「借入金返済」等々を組み合わせていくと、全体像として保障の「家のような」カタチが出来上がってきます。
それぞれの人、家庭により、「家」の形や大きさは違ってきます。
そして、その形や大きさは「お考え」「家族構成」「時期(年齢)」により変化していきます。
従いまして、他人と全く同じということはありませんし、ネットに蔓延している「生命保険はこのくらいでいい」などということはありません。
是非、あなたの担当者の方と、弊社のFPと何度も何度も設計していってみてください。


 
2016y09m16d_114634183
 
生命保険は、人と長いお付き合いをしていく商品の一つです。
時々、メンテナンスやリフォームを行うことも必要になってくるでしょう。
生命保険会社や担当者は、そのようなご要望に応えていけるように、日々商品の開発(改定)・研鑽等を行っておりますので、お気軽に「ご要望」「ご不安」「ご不満」等をお申し付けください。

保険の考え方について

保険の考え方

必要保障額の考え方について

必要保障額の考え方

遺族年金について

遺族年金

医療保険について

医療保険

がん保険について

がん保険

公的介護保険制度について

公的介護保険制度

障害年金について

障害年金

働けなくなった時の公的保障

傷病手当金、労災保険についてはこちら

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ