投資信託は手数料の塊

長期投資で儲かるのは誰だ!?

投資信託を使って長期投資を

 
投資信託には手数料がかかります。
保有しているだけでかかります。(信託報酬)
この手数料が実際どれだけかかるか把握されている方はほとんどいないでしょう。
そこをきちんと説明しないことが暗黙のルールになっています。
 
実際にどうなのか「まとまった資金(1千万円)」「積立投資(毎月1万円)」の両方から見ていきましょう。
まず「まとまった資金」から。

信託報酬のこわさ

1千万円の投信残高をキープしていると仮定しましょう。

支払う手数料額
信託報酬「1%」として。。。
 
1年間:10万円(1千万円×1%)
10年間:100万円(10万円×10年)
20年間:200万円(10万円×20年)
30年間:300万円(10万円×30年)

 
1千万円の投資信託を30年間保有し続ける場合、300万円という手数料を支払うことになります。
これだけの手数料(30%)をどう思いますか?
長期投資というキーワードは誰のためかわかりますね。

積立投資も同じ

毎年10万円ずつ投信残高が増加していくと仮定しましょう。

支払う手数料額
信託報酬「1%」として。。。
 
1年間:1千円(10万円×1%)
2年間:3千円=1千円(1年目)+2千円(20万円×1%)
10年間:5万5千円=4万5千円(9年間累計)+1万円(100万円×1%)
20年間:21万円=19万円(19年間累計)+2万円(200万円×1%)
30年間:46万5千円=43万5千円(29年間累計)+3万円(300万円×1%)

 
毎年10万円、30年継続、毎年の投資累計額がそのまま残高としてある場合、30年で累計300万円に対して46万5千円(15.5%)の手数料を支払っていくことになります。
長期積立投資というキーワードは誰のためかわかりますね。
 
【仮定した前提条件】
※販売手数料なし
※運用による増減なし

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ