資産形成・資産運用のための投資哲学


 
FPとは、ファイナンシャル・プランナー、ファイナンシャル・プランニングを意味していますが、弊社ではもうひとつ意味を持たせています。
それは、ファイナンシャル・プロフェッショナルです。
弊社のファイナンシャル・プロフェッショナルとしての視点「資産形成・資産運用の投資哲学」の一部をお伝えしていきます。
 
弊社へご相談される顧問契約を依頼される判断材料のひとつにされてください。

金運をあげるためには

こちら

インフレ不安は投資をする理由にならない

こちら

長期積立投資による複利運用話の信頼度

こちら

投資は「負ける人たち」「負け続ける人たち」がいる世界

こちら

日経平均株価指数を使っての検証

こちら

「若いうちはリスクをとれる」は本当か?

こちら

積立投資の成否で重要な要素のひとつ「手数料」

こちら

確定拠出年金、ほったらかしでうまくいく?

こちら

不確実性のものは偶然の影響が大きい

こちら

40歳までは勝つように、40歳以降は負けないように

こちら

生存バイアスに気をつけよう

こちら

正しくない複利効果の説明

こちら

自分だけの「価値基準」「相場観」がある

こちら

相場格言「天井売らず、底買わず」を知ろう

こちら

名目GDPから見る日本と米国

こちら

皆が平均を上回ることは不可能

こちら

老後資金に数千万円~1億円?まず事実を知ろう

こちら

貯蓄に励みましょう

こちら

リスク管理のためにリバランスはおかしいのでは?

こちら

積立投資のキモ:ヒタヒタと上昇していく平均購入(買付)単価

こちら

「長期投資はリスクは減る」は間違い

こちら

アメリカ人の資産形成を真似する必要はない?

こちら

「収入以上に使わない」ことができる人は破綻しない

こちら

投資信託は手数料の塊

こちら

積立投資はいつじはじめてもいい?日経平均で検証

こちら

第一号被保険者の方は毎月10万円は貯蓄しよう

こちら

老後資金3~5千万円必要説が飛び交う机上の空論の世界

こちら

株式相場は偶然の要素が大きいのか?バブルの発生要因は?

こちら

毎月どのくらい貯蓄をしていけばいいか?

こちら

退職金があるか、ないか

こちら

保険を否定する話がありますが

こちら

第一号被保険者の方はきちんと国民年金保険料を払っていきましょう

こちら

日経平均のリターンと標準偏差

こちら

他人やメディアがすすめる投資情報はまず疑おう

こちら

ドル・コスト平均法はリスクが逓増していく投資方法

こちら

確定拠出年金とは企業・金融機関側の運用リスクを従業員へ移転したもの

こちら

金融取引には行動バイアスが発生する

こちら

iDeCo、NISAの投資方法比較表

こちら

効率的(有効)フロンティア

こちら

老後不安を煽られる前に公的年金の事実を知ろう

こちら

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

ページトップへ